top of page

教養としての社会保障


香取 照幸著 東洋経済新報社



 本書は、社会保障に関する知識を、一般の読者が理解しやすい形で解説しています。社会保障制度の基本から始まり、年金や介護保険といった具体的な内容まで、幅広いトピックを網羅しています。


 著者の香取照幸氏は、社会保障政策の専門家としての豊富な経験を持ち、厚生労働省を始めとする様々な役職で活躍してきました。その経歴は本書の信頼性と専門性を裏付けており、本書の内容も彼の幅広い知識と実践的な視点に基づいています。難しい専門用語を避け、平易な言葉で説明することに力を注いでいるため、初めて社会保障に触れる方でも読みやすさを感じることと思います。


 本書はただ知識を伝えるだけでなく、社会保障の重要性や改革の背景についても掘り下げています。著者は市民の不安や所得格差の問題に真摯に向き合い、自身が関わった改革の反省も率直に語っています。また、増税の必要性や合意形成についても議論し、社会保障の哲学について新たな感動も感じました。


 特に診療所経営者として、社会保障制度の理解は重要です。本書を通じて、社会保障の基礎知識を身につけ、自身の経営戦略や患者へのサポートに活かしてみてはいかがでしょうか。

Comentarios


bottom of page